ダイエット 体脂肪率の話しA

水中体重秤量法(水中体重測定法
アルキメデスの原理を応用したもので、水中に全身を沈め水中にある体重計で体重を量り、大気中での体重との差から身体密度を計算して測定するものです。比較的正確な測定方法で、他の測定方法の基準とされていますが、体表面や体内の空気による浮力の影響を排除しなければならず、息を吐ききった状態で測定しなければなりません。そのため、測定に苦痛が伴うほか。 どうしても設備が大掛かりとなり、測定も容易ではありません。先ず設備の整った施設が少ないという
問題があります
空気置換法
密閉された装置内に入り、空気の圧力変化を測定して身体密度を計測する方法です。水中体重秤量法とほぼ同じ原理に基づき、比較的正確な測定方法で、かつ測定が簡便で苦痛を伴いません
大相撲の力士のみなさんがこれによって測定していることで知られている方法です。

二重X線吸収法(DXA,DEXA)
二種類の異なる波長のX線を全身に照射し、その透過率の差から身体組成を計測する方法です。本来

骨密度を測定する方法ですが、体脂肪率の測定でも比較的精度が高く、近年医療設備に広まっています。
また、近年は水中体重秤量法に代わる測定方法の基準とすることが多いようです。

皮下脂肪厚法(キャリバー法)
皮下脂肪厚計(キャリバー)を用いて、皮下脂肪の厚さを測定し、その後計算式に測定値を代入して計測する方法ですが。、皮下脂肪の分布には個人差があるため、そこで誤差が生じやすく、又計測にある程度技能が必要なことや、内臓脂肪の測定ができないこと、といった問題点もあります。

以上はかなり専門的な体脂肪率の測定方法ですが一般に市販されている体脂肪計は生体インピーダンス法というものを応用した測定器です
生体インピーダンス法とは微弱な電流を流し、生体の電気インピーダンスを測定し、そこから体脂肪率を推定する方法です現在最も簡便で、最も普及している方法であり、市販されている体脂肪計のほとんどはこの方法です。しかし、生体電気インピーダンスは、起床直後や就寝直前などの身体状態による変化が大きく、同じ日でも測定した時間で大きなばらつきがある。 生体電気インピーダンスから体脂肪率を推定するノウハウが、測定機器製造各社によって異なり。そのため、機器によるばらつきが大きい問題点が指摘されています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。